--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職場見学。

2012年11月29日 18:37





施設の職員と息子と3人で行ってきました。


某スポーツクラブのクリーニング作業の職場です。

今現在やっている作業と変わらないので作業的には大丈夫かとのことでした。


所長も温かそうな方で理解をしてくれているそうです。

作業場の方々も親切そうな感じでした。まぁ、色々なのは当然ですが。


アルバイト扱いなのですが社会保険などもしっかりしていて、
私のパート先よりも待遇が良いです…


12月5日から出勤となりました。初日は職員が一緒に行ってくれるそうです。


12月4日で今の施設は卒業です。。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

本人、カラオケに行く友達も出来たし
私も肩身の狭い思いをしなくてもよい保護者会だったりで楽しかったです。。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。


4日には卒業の挨拶に伺おうかと思います。






駅近くでラーメン食べました。

IMG_0011A.jpg

背油たっぷり。ちょっとしょっぱかったです。(゚∀゚ ;)






で、なんで一人抜けただけでファンモンは解散するの?(゚∀゚ ;)








スポンサーサイト

結果報告。

2012年11月27日 18:08






息子、面接の結果…



採用されました。



もうビックリです。(;^ω^) こんなことあるのですねぇ。



明後日施設の担当の方と一緒に職場見学に行ってきます。

応援していただき、ありがとうございました。








はじめてのボランティア

2012年11月25日 16:14






ボランティアで福島に行ってきました。

被災地ボランティアには以前から行きたいとは思っていましたが、
なかなか実現には至りませんでした。

ある日、「ボランティア」で色々検索して日帰りボランティアバスが出ているのを見つけました。

首都圏から日帰りでとなると、やはり福島へが一番早いのです。
宮城、岩手となると最短でも車中一泊になり、ハードスケジュールなのです。
(でも宮城、岩手のボランティアバスのほうが数が圧倒的に多いです。)


そのボランティアチームは班でわかれていて班ごとに行動します。

毎週のように参加されている方もいます。



団長は毎週必ず参加していて、震災翌日にはもう被災地に向かったそうです。

福島には入れなくて岩手か宮城。(うる覚えですみません。)

受け入れてくれた仕事が『行方不明者の捜索』…。話を聞くだけでも衝撃です。



そのチームが毎週行ってる所が福島県いわき市。
310名の方が亡くなり、未だに38名の方が行方不明だそうです。

そこでコットンの栽培をして収穫までのお手伝いをしています。



私が行った日はコットンの栽培ではなく、観光地の公園の美化活動でした。
ボランティアの仕事は山のようにあるそうです。


まず私が感じたことは「人がいない」ことです。

総面積700,000㎡の本当に広くて芝生がいっぱい遊具いっぱいで
首都圏なら駐車場渋滞するかと思うほどの良い公園に三連休の中日に人がほとんどいないのです。


観光地なのに震災で原発の影響で人が集まらない…

公園の近くにある真新しそうなホテルに「営業休止中」の看板が立っていてひっそりとしたままでした。

写真NGなので載せられませんがエメラルドグリーンの海が広がっていて本当に綺麗でした。



帰りにバスで被災地を通りました。

被害が少なかった場所と酷かった場所と差があるのですが、
酷かった場所は、住宅の土台だけが残っていて花が供えてある家は「亡くなった方がいる家」。

どうすることもできずに土台だけのまま残っています。

瓦礫の山もありました。
仮設住宅もありましたが、周りに何もなく、本当に不便な場所にありました。



人口の流失が一番多いのがこの福島県です。
原発の問題が一番。野菜も審査を通っても「福島県産」というだけで売れない。
観光客も来ない。商売にならない。皆泣く泣く離れていくそうです。



私の父親が福島県出身です。以前の原町市、今現在は南相馬市です。
父の家族皆こちらに出てきてしまっているので親戚に被害はありませんでしたが
実家のあった場所は壊滅状態だそうです。

私も小さい頃何度か行ったことがある場所です。
その頃もエメラルドグリーンの綺麗な海でした。

夏休みは人が多くてにぎわっていました。

思い出のある場所に不幸な出来事があり、人が居なくなるのは寂しいです。



長くなりすぎてしまいました。(;^ω^)

何のお役にたったのかわかりません。
「ボランティア」という言葉の自己満足なのかもしれません。

公園で「こんにちは」「ありがとうございます」と地元の方々に声をかけていただきました。
元気を勇気をもらったのは私のほうかもしれません。



これからも無理しない程度に参加したいと思います。



読んでいただき、ありがとうございました。








面接1回目

2012年11月23日 00:39





無事終了しました。

施設の職員が同行してくれました。

もし採用されたらお母さんも一緒に職場見学どうですか?という話もあったそうです。

これだけ聞いたらなんか良い感触じゃな~い?


私も良い感じと思って落選の経験ありだから、なんとも言えないけど(;^ω^)


とりあえず就職のための第一歩踏み出しました。

報告まで。m(__)m








ビックリ(;^ω^)

2012年11月20日 18:22




息子が明後日急遽、とある職場の面接をすることになったらしい。(;^ω^)



支援施設の方がハローワークで紹介してくれたみたいだけど
急に決まったのでビックリです。(;^ω^)

スーツ用意しなきゃなぁ。

まだ1年も通ってなくて楽しかったのに(私の本音;)
最長で2年居られるのです。 \_( ゚ロ゚)ここ重要


「自分に合った求人がいつもあるということはなく、タイミングも大事ですよ。」
ということらしい。



明日面談の予定なのでもう少し詳しく話を聞いてこようかと思っています。



あ~ビックリした(;^ω^)







*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*




── 22:24 追記 ──



色々家事しながら冷静になって考えてみました。

やはり、面接受けまくって落ちまくる確率のほうが抜群に高いのかと…(;´・ω・)

なので早めに動き始めたほうが良いという考えかと思われます。


いや~とんだ早とちりで(;^ω^)
面接=採用 即就職だ!と思い込んでしまいました。



「まだ1年も通ってなくて楽しかったのに」

こんなこと言ってる場合じゃなかったかと


アホで親バカ(?)な私ですがどうか見守ってやってください。











最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。