--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉県立高校、入試制度改革を振り返って 6

2010年03月21日 01:08

娘中3のある日の朝の会話。





私「ちょっと…スカート長すぎない?もう少し短いほうが…」

「短いと理科のK先生がうっっるさいんだよ~!!」

私「で、いつまで髪縛ってくの?もうそのままでいいじゃん!!」

「いいんだよ~!!で、なんで娘を不良にさせようとしてんのさっ!!(`Д´)







いかん…真面目すぎる… il||li_| ̄|○il||li

誰に似たんだろ…






アタシだよっ!! ( ̄∇ ̄)












前回の続きです。

カテゴリー:埼玉県立高校入試  もうね…6回目になるとさ…(_△_;)




改革前はどのように選抜するのか、不透明でした。
前期試験に至っては「“調査書”及び面接の結果を資料として選考します。」
あやふやじゃん…(´-∀-`;)

後期試験は学力検査:学習の記録が7:3だの6:4だのという説明は各高校ありました。
当日の試験を重視するか、調査書を重視するかの違いです。
個人的にこれもちょっとあやふやな感じがします…;



それが改革後、合格者の選抜方法が明確になりました。
各高校、学力検査の合計点+調査書、面接等の記録など点数化されました。


例えば



近隣の県立A高校。
      1次選抜(募集人員の75%):学力検査500点+調査書540点=1040満点
      2次選抜(募集人員の25%):学力検査500点+調査書675点=1175満点

   県立A.N高校。
      1次選抜(募集人員の80%):学力検査500点+調査書343点=843点満点
      2次選抜(募集人員の20%):学力検査500点+調査書343点=843点満点




すべて点数化されました。

この2校を見ても、調査書重視か、当日の点数重視なのかかなり違いますね。

この調査書の点数は各高校により、基準が違います。

生徒会会長○点、書記○点、部下動は関東大会以上○点…

英検などに至っては高校によって2級以上でないと点数化されないとこと
4級以上でも点数化されるとこがあります。




学校によって独自の選択方法になりました。

まぁ、今までもこうして選んでいたのを点数化した…と思っていいのかなぁと
個人的には思いました。

高校を選べる子は、偏差値はとれるけど内申が悪い…という子は
調査書重視ではないところを選べばいいんです。
逆に偏差値ダメだけど内申がいいという子は調査書重視の高校もあるんです。

うちの子は選べる段階じゃなかったからさ…(_△_;)

選抜する高校も楽になったんじゃないかなぁ。
採点ミスと入力ミスだけ気をつければエクセルでも計算できるはずです。




選抜方法は明確になった分、私としては良かったんじゃないかなぁと思います。

何かひとつ…良かった点がないとねぇ…(;´・ω・)








続く。









ランキングに参加しています♪

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ
にほんブログ村


アンタの場合、高校行ったら不良になるくらいのほうが母は嬉しいんです♪( ;∀;)
 









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sizukukazoku.blog122.fc2.com/tb.php/323-7a1458ae
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。